色々な芸能人のお宅や個性的な家作りなどを掲載した雑誌などを見ていて夢が広がった私たちは、家族がメインで集えるリビングダイニングを居心地の良い空間にする為に天井高を3.5メートル間取りを30畳に設計してもらいゆとりある部屋を作ってもらいました。

体積で言えば膨大です。

実際、この部屋がメインで玄関から一度経由して各々の部屋にいくのですが、皆リビングで集う事になりました。

そういう面からは成功と言えるのですが、なにせ体積が凄いのでこの空間を暖めることも冷やす事も16~20畳用のエアコン二台でフルで温め、その後は一台で回すのですが電気代が大変かかるのです。

我が家は一階が駐車場で二階部分が居住空間なので天井高が高い為壁面部分も広いし、屋根部分も広いので夏に直射日光で焼けてシーリングファンなどで空気を循環させても追いつきませんし、冷えるまでにも時間がかかるのです。

他所の方はこの広いリビングを羨ましく思ってくれたりしますが、観るのと住むのでは快適さ、コスト面で大いに予想外でした。

高い位置に置いたエアコンやダウンライトや照明、シーリングファン、光取りの窓などは普通の脚立での清掃が出来ない為、業者用の脚立で命がけのような事をしなくてはならなく、夢と現実を見据えれなかった事は本当に失敗だったと後悔しています。

PRサイト:狭山市の注文住宅