我が家は準防火地域のため、窓にシャッターをつけるのが必須でした。

軒をどのくらいまで出すか決める際、軒を出すとそのシャッターと干渉してしまうため、止むを得ずほんのわずかな軒にすることになってしまいました。

(リビングに大きな窓をL字に設置してあり、長辺部分の軒が短辺部分の窓のシャッターと干渉してしまう)

住み始めるまではこの件についてはあまり深く考えず、できるところまでで良いと返事をしてしまいましたが、実際に住み始めてから、その不便さに気付くことになりました。

以前住んでいたマンションはベランダをほぼ軒が覆ってくれていたので、多少強い雨が降っても洗濯物が濡れずに済んでいました。

ですが今は少しの雨でも濡れてしまうので、外出予定の日に少しでも天気が怪しいと、いくら朝は気持ちよく晴れていても念のため部屋干ししていきます。

後付けのベランダ用シェードをホームセンターなどで探していますが、家の外観にもこだわって建てたので、なかなか気に入った物が見つからず難航しています。

また、気に入ったものがあっても、実際に我が家に取り付けられるかもきちんと判断しなければならないので、簡単に決められず今に至ります。

この他に失敗したと感じる箇所がほとんどないだけに、この失敗は余計悔やまれます。

あわせて読むとおすすめ>>>>>習志野市 新築一戸建て